テニス ATPツアー 2018年スケジュール

 

今年も早々にテニス男子、
ATPツアーが開幕しております

 

グランドスラムの2018年スケジュールをチェックです
ATP250、ATP500、ATPマスターズ1000は省略し、
グランドスラムのみ、チェックします

 

今年の年休取得計画にも
ご利用いただければ幸いです

対象商品50%OFF!アウトレットセール【ファイテン公式】



 

グランドスラムとは

全豪オープン全仏オープンウィンブルドン全米オープン
テニス界の世界4大大会のこと

全てのグランドスラムを獲得するキャリア・グランドスラム(生涯グランドスラム)
これは、8名が達成している
フレッド・ペリー(イギリス)
ドン・バッジ(アメリカ)
ロッド・レーバー(オーストラリア)
ロイ・エマーソン(オーストラリア)
アンドレ・アガシ(アメリカ)
ロジャー・フェデラー(スイス)
ラファエル・ナダル(スペイン)
ノバク・ジョコビッチ(セルビア)

 

また、同一年にすべてのグランドスラムを獲得する年間グランドスラム
これは、2名が達成
ドン・バッジ(アメリカ)
ロッド・レーバー(オーストラリア)※年間グランドスラムを2度達成した英雄

 

ちなみに、ゴールデンスラムというのもある
4大大会にプラスして、オリンピック金メダリストになること
これは、2名が達成
アンドレ・アガシ(アメリカ)
ラファエル・ナダル(スペイン)

 

※男子ツアーのファンであり、すべて男子ツアーの情報です

 

全豪オープン Australian Open 2018

1月15日~28日
会場となるオーストラリア・メルボルンと日本の時差は、2時間
日本の方が、2時間遅れています
会場は、メルボルンパーク
センターコートは、ロッドレーバーの名がつくことで有名

 

2時間の時差なら、TV観戦しても
決勝翌日の年休は不要かな

 

全仏オープン Roland Garros 2018

5月27日~6月10日
フランス・パリの「ブローニュの森」にあるテニス場で開催
会場となるフランス・パリと日本の時差は、7時間
日本の方が、7時間進んでいます
会場は、ローランギャロス

 

こちらは時差あり、
決勝翌日の年休取得、検討要

 

ウインブルドン Wimbledon 2018

7月2日~15日
憧れのウインブルドン、
会場は、オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ
会場となるイギリス・ロンドンと日本の時差は、8時間(サマータイム中)
日本の方が、8時間進んでいます
ウインブルドンの会場

 

こちらも時差あり、
決勝翌日の年休計画、必須!

 

全米オープン US Open 2018

8月27日~9月9日
錦織圭の優勝を2018年こそ!期待のUSオープン
会場は、USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センター
会場となるアメリカ・ニューヨークと日本の時差は、13時間(サマータイム中)
日本の方が、13時間進んでいます
全米オープンの会場

 

決勝は、日本時間で明け方に行われているため、
日本時間9月10日(月)は夏休みを取得しましょう



 

おまけ

ジャパン・オープン

10月1日~7日
日本で唯一のツアー公式戦、楽天ジャパンオープン
2018年の1年だけ、武蔵野の森総合スポーツプラザのメーンアリーナで、室内大会として開催される
有明コロシアムが、2020年東京五輪パラリンピックに向け、2017年11月末から2019年7月末まで全面改装に入るため

武蔵野の森総合スポーツプラザ
東京都調布市西町290-11
アクセス 最寄り駅の飛田給(京王線)から徒歩5分ほど

 

ATPワールドツアー・ファイナル(Nitto ATP Finals)

11月11日~18日
ファイナルは、今年もロンドン開催です

会場は、ロンドンのO2アリーナ

 



ナダル、フェデラーに加え、
ジョコビッチ、マレーの復活、
さらに錦織圭の出場するファイナルが見たいです
故障からの復活に2018年は注目です

 

テニス ATPツアー 2018年スケジュール” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。